おきなわマラソン、 ご報告が遅れましたが、無事完走。 サブスリーは達成できませんでしたが、 3時間11分53秒と歴代2位の好タイム。 最後の最後まで走り切り、 ラストはしっかりスパートもかけて、 目の前のランナーたちを蹴散らしてやりましたってね。 で、順位のほうは140位。 う〜む、昨年の60位からすると、 随分落ちちゃいますねぇ。 早速、完走者リストを見ていると、 なんと自分より速い50代ランナーが6人もいるじゃないですか!? ちょうど今月が誕生日で34歳になったばかりですが、 あと16年後にそんなタイムで自分が走れるのかと思うと、 とっても不思議な気持ちになったりします。 マラソン。 まさに人間の限界に挑むスポーツですが、 50代でもまだまだ走れるってことに驚かされる。 当然のことながら、全く走れない人もいれば、 このように驚異的に体力を維持している、 というよりも、進化している人もいる。 こう思うと、ランナーとしての現役ってのは いつまでなんだろうって思ってしまう。 そういや、連続出場で有名な末松選手も今年は41歳。 これでまだ10位以内というトップランナーの中に入っている。 まだ34歳。 マラソンというスポーツは、 ほんと生涯と通して戦える競技なのかもしれない。